研修内容

Contents of training

個人の評価と組織の成果を高める研修プログラム

​構 成

ビジネスパーソンとしての評価と、組織の成果を高める研修プログラムをご用意しております。

研修_構成図_2x.png

研修プログラムの一例

接遇・接客マナー、ビジネスマナー、プロトコール(国際儀礼)、ホスピタリティ、電話応対、社内トレーナー養成​

【モニタリング調査】

モニタリング調査と合わせることで、より高い研修効果が実感

できます。

 

例)接遇・マナー研修+接客応対調査

  電話応対研修+電話応対調査

アンガ―マネジメント、職場の人間関係、部下指導、パワハラ防止、クレーム対応、チームビルディング

障がい者対応、高齢者対応

プレゼンテーション、説明力向上、相談対応力強化

プレゼンテーション

ビジネス文書、文章作成

ご要望をお伺いし、

成果につなげるために最適な

プログラムをご提案いたします。

210603-026_edited.png

ホスピタリティ研修

お客さまから「ありがとう」と言われる応対を目指して

ねらい

この研修では、質の高いホスピタリティを発揮するために必要なホスピタリティ・マインドの養成と実践技法を確認していきます。

研修の特徴

一方的な講義形式ではなく、受講者参加型研修です。実技練習などを重視することで、ホスピタリティを単なる知識としてとどめるのではなく、業務で持続可能なホスピタリティの実践行動へつなげることを目指します。

プログラム案(6時間)

1 ホスピタリティの理解

2「安心感」を与えるための基本マナー【実習】

3「信頼感」を与える話し方・聴き方【実習】

4「信頼感」を与える電話応対【実技練習】

5 ユニバーサルサービス【実習】

 

新入社員研修

ビジネスパーソン必須の基本マナーを身につける

研修の特徴

受講者と講師が対話をしながら進行していく双方向型の研修です。

実技練習を重視することで、明日から職場で実践できる実用的スキルの習得につなげます。

プログラム案(6時間)

1 オリエンテーション 研修の概要・目的説明

2 ビジネスマナーの基本【講義・実技練習】

3 コミュニケーションの重要性【グループ討議・実技練習】​

4 来客応対【実技練習】​

5 ビジネス電話の基本【実技練習】

  実技練習1 名指し人への取り次ぎ

  実技練習2 名指し人不在の場合 ~連絡先を確認する~

  実技練習3 名指し人不在の場合 ~伝言を確認する~

6 まとめ

7 確認テスト【筆記・実技テスト】

8 質疑応答

若手社員向け
コミュニケーション向上研修

ねらい

社会人として求められる「協働への意識」と「ビジネス・コミュニケーション」について、ゲームを通じて実践的に学びます。報連相やチームワーク、PDCAサイクルなど、仕事のプロセスが結果の差となることを理解し、実務で主体的にコミュニケーションをとることへの意識を促します。

研修の特徴

コミュニケーションゲームを通じ、自ら考え、行動する必要性への理解を深めると同時に、職場の仲間と協働するうえで不可欠なチームワークの重要性も植え付けます。さらに、ゲームから得た気づきを文章化し、他者へ伝達することで、社会人としての自己啓発意識の向上を図ります。

気づき

情報共有、PDCAサイクル、ホウレンソウ、チームワーク、先入観の排除、冷静な対応、行動力、伝達力、積極性、全体像の把握、ゴールの設定、役割分担、リーダーシップなど

プログラム案(4~6時間)

1 個人力アップのためのコミュニケーション【講義・実習】

  良い人間関係を築くために必要なコミュニケーションスキルを高める。

2 組織力アップのためのコミュニケーション

  業務を効率的に行うために必要なコミュニケーションスキルを磨く。

ほか、電話応対研修社内インストラクター養成研修などがございます。

 

アンガーマネジメント研修

アンガ―マネジメントとは

 アンガーマネジメントとは、1970年代に米国で始まったアンガー(イライラ、怒りの感情をうまくコントロールするための心理教育です。

 

職場で生かすアンガ―マネジメント

職場でイライラせずに効率的に仕事をするために

部下のマネジメントのために

怒りにまかせた行動で信頼を失わないために  

特におすすめしたい方

「自分のイライラした感情をうまくコントロールしたい」と思っている方

感情に任せて部下を怒り、後悔した経験がある方

部下を怒る・叱ることができずに後悔した経験がある方

プログラム案(2~6時間)

1 アンガ―マネジメントとは

2 怒りの感情を理解する

3 部下指導に生かすアンガ―マネジメント ~パワハラと誤解されない叱り方

4 怒りの傾向診断 ~アンガ―マネジメント診断による自己分析

 ※総合診断2,200円(税込)、基礎診断1,100円(税込)、無料診断から選択

210603-175_edited.png

怒ったときにどのような言動をとるかで、

上司力が試されます。

怒りをうまくコントロールし、

組織の成果と個人の評価を

高めていきましょう。

 

ユニバーサルサービス研修

ねらい

年齢や性別、障がいの有無にかかわらず、あらゆるお客さまの立場に立って公平な情報とサービスを提供するのが、ユニバーサルサービスです。この研修では、さまざまな方とのコミュニケーションに対応できるよう具体的方法を紹介することで、業務ですぐに活用できるスキルの習得へとつなげます。

プログラム案(3~6時間)

1 ユニバーサルサービスとは【講義】

2 安心感を与える応対の基本【講義・実習】

3 聴覚障がい者への対応【講義・実習】

4 視覚障がい者への対応【講義・実習】

5 車いす使用者への対応【講義・実習】※車いす操作の実習

6 高齢者への対応【講義・実習】※高齢者疑似体験 

7 身体障害者補助犬(盲導犬、聴導犬、介助犬)使用者への対応【講義】

8 まとめ

※ 実技練習の内容は、会場レイアウトなどを考慮し決定します。

 

文章作成力向上研修

わかりやすい文章作成のコツ

ねらい

読点を気分で打っていませんか?「 」や『 』を好みでつけていませんか?

この研修では、文章作成の基本的な事柄から見直し、わかりやすい文章を作成するためのポイントを確認します。研修後は、読み手に正確に伝わる機能的な文章が作成できることを目指します。

プログラム案(6時間)

Ⅰ はじめに 【講義・実習】

 1 表記の違い

 2 わかりやすい文章とは

Ⅱ 文章作成のコツ【講義・実習】

 1 ことばの選び方・表現の方法

 2 敬語表現

Ⅲ 校正の知識とポイント【講義・実習】

Ⅳ 要約【実習】

Ⅴ 文章構成のテクニック【講義・実習】

 1 文章の組み立て

 2 論旨展開の方法

Ⅵ 文章作成演習【講義・演習】

価値観3部作

価値観への理解を深め、自己成長と組織活性化を図る

アンガーマネジメント研修

~感情と価値観~

ねらい

アンガ―マネジメントを活用し、「個人の評価と組織の成果を高める」ために必要なコミュニケーションスキルの強化を目指す。

・職場で効率的に仕事を進めるために必要な感情コントロール術を理解する。

・部門間、職員間、世代間などにある価値観の相違についてワークを通じて認識する。

・部下や後輩の成長を促す叱り方を理解する。

・アンガーマネジメント診断結果に基づき、個人および組織の傾向を把握する。

※事前にアンガーマネジメント総合診断を受検

アンコンシャス・バイアス研修

~解釈と価値観~

<1.5~2時間>

ねらい

部門間・世代間などにある価値観の相違やアンコンシャス・バイアス(無意識の偏見)を認識し、自己成長と組織活性化を図る。

「仕事と価値観」研修

~仕事と価値観~

<1.5~2時間>

ねらい

多様化する社会の中で、個と組織の持続的成長を促す目的で作られたキャリアエレメンツカード®を用い、価値観を通して自分のキャリアとモチベーションについて考える。